沖縄そばとは?


沖縄そばはもともと支那そばと呼ばれていたようで、”沖縄そば”と呼ばれるようになったのは戦後になってから。
今でこそ具材は三枚肉(豚ばら肉)・かまぼこ・ネギとなっていますが、当初は赤肉(豚肉)とネギというシンプルなものであったようです。
そば屋が増えてくると、それぞれの店が具に工夫を施していき、卵焼きや天ぷらをトッピングしていたころもあったそうです。
いまでは誰もが知っているソーキそばが出てきたのは、最近のことです。
戦後は小麦粉が手に入りやすい環境になったこともあり、そばやを始める人が増えたようです。
同じように市場や交通の拠点にそばやが登場します。
買い物帰りに「そばでも食べて帰ろうか」ということになり、小腹がすいたときなどは丁度良い食事です。
沖縄版ファーストフードといったところでしょうか。
現在では自宅でもつくれる環境にありますが、やはり外に食べに行くという形が根強いでしょう。
沖縄県民にはそば好きが多く、どこそこのそばやがおいしいと聞けば、南部だろうが、北部だろうが、車にのってでも出かけていきます。
そば粉を使用している本土のそばに対してそばは全く使わない麺の「沖縄そば」(小麦粉100%)は、そばではないと・・・・、またそば粉
を30%以上使用してないものは「そば」とは認められないという理由で沖縄が本土復帰後は、その呼び名が禁止されたが昔から「沖縄
そば」として親しまれ、愛されてきた呼称を存続させようと数年間に渡って運動を続けた結果、昭和53年10月17日に公正取引協議会
から正式に「沖縄そば」の呼称認定を受け、全国麺類名産・特産品にも指定されました。

コメントを残す